聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今村彩子さん 聴覚障害者を撮り続ける映像作家
2012年03月25日 (日) | 編集 |
今村彩子さん 聴覚障害者を撮り続ける映像作家

 客を笑顔で迎えるアロハシャツ姿の男性店主。手話や身ぶり、筆談で「会話」を交わし、コーヒーでもてなす--。静岡県のサーフショップを舞台に、ろう者の店主と客の交流を09年から1年半撮影した最新ドキュメンタリー「珈琲(コーヒー)とエンピツ」の一場面だ。

 自身もろう者。小学生の時に見た字幕付き洋画「E.T.」のビデオがきっかけで映画に関心を持ち、大学在学中に米カリフォルニア州立大ノースリッジ校へ1年留学して映画製作を学んだ。

 大学で手話の非常勤講師として働くかたわら、「ろう者のことを多くの人に知ってほしい」と、身長152センチの小柄な体でカメラを担ぎ、国内外を飛び回る。これまでに約30作品を撮影し、全国で上映会を開いている。

 レンズ越しに知り合ったろう・難聴者は延べ約150人。中でもサーフショップ店主は際立って魅力的だった。手話が通じない客にも気後れせず、豊かな表情と身ぶりを駆使して相手の懐に飛び込む。その姿に、引き込まれるようにカメラを回した。

 「撮影していて、手話を知らない人と距離をとりがちな自分に気付いた。でも店主を見ているうち、壁を作らず、誰とでも出会って積極的に交流を楽しみたくなった」

 今後はアジア諸国から留学に来たり、社会人になったばかりのろう・難聴者を追いかける予定だ。「聞こえる人と聞こえない人が共に生きる社会を作りたい」。力の根源は強い信念にある。

(2012.3.24 毎日新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。