FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聴覚障害者が裁判員に=手話通訳で初の審理参加―前橋地裁
2012年02月01日 (水) | 編集 |
聴覚障害者が裁判員に=手話通訳で初の審理参加―前橋地裁

 前橋地裁で開かれている強盗致傷事件の裁判員裁判で、聴覚障害者の男性が裁判員に選任されたことが31日、分かった。男性は手話通訳者を介して審理に参加している。これまで補充裁判員に聴覚障害者が選任されたケースはあったが、審理に参加したのは全国初とみられる。

 31日は第2回公判があり、被告人質問や証人尋問が行われた。法廷には社会福祉法人から派遣された手話通訳者4人が配置され、約15分ごとに交代した。男性は机を挟んで向かい側に座った手話通訳者を見ながら、時折うなずいたり、メモを取ったりしていた。裁判官は被告や証人に対し、発言の際は曖昧な表現を使わず、質問の後に一呼吸置いてから発言することなどを求めた。 

[2012.1.31 時事通信社]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。