FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足立梨花、独学手話でいざ初舞台「やる以上は完璧に
2011年08月30日 (火) | 編集 |
足立梨花、独学手話でいざ初舞台「やる以上は完璧に

 女優の足立梨花(18)が、企画演劇集団ボクラ団義の公演『オーバースマイル』(8月31日(水)~9月4日(日) 池袋シアターグリーン)で初舞台に挑む。耳の聴こえない少女役で、セリフは一切ないものの、未体験だった手話を全編通して披露する難役。このたびORICON STYLEのインタビューに応じた足立は、舞台に対して「食わず嫌いなところがあった」と素直な想いを明かしつつ「表情が大事になってくる。同時に動作や感情も」と気を引き締める。新たな挑戦が、今後の足立にとって大きな武器になると感じる日々でもあるという。


 初舞台というのは、誰もが不安や緊張感に駆られるものだろう。足立も例外ではなく「最近、『恐い』しか言ってないです」と顔を手で覆い「私、照れ屋なんで、お客さんを前にすると恥ずかしいって思っちゃう。大丈夫かな」と不安要素を並べる。

 それでも負けず嫌いな性格が彼女の背中を押す。「やる以上は中途半端なものは見せたくない。完璧にできないと嫌なんです」。稽古でも、耳が聞こえない役の心情になって演出に対して積極的に意見するなど、リアルな舞台づくりに余念がない。

 今作の軸となるのはやはり手話。勉強法を聞いてみると「先生がいないから、独学」と、あっさりと返答。「今年の6月くらいから手話の本やNHKの講座番組を見て学んでます。最初はわけがわからなかったけど、やっていくうちにスラスラできるようになりました。いずれはプロフィールに「特技は手話」って書きたい」と、手応えをつかんだ今、口も滑らかだ。

 「『なんで?』を1番最後に付けたりとか、手話にも文法があって、いろいろ難しいんです。台本だと、例文通りにいかないし、手話で表せない単語があるので、別の意味に置き換えてやってみたり。頭を使いますね~」と、自然に笑みをこぼす余裕も生まれている。

(ニコニコニュース - 2011年8月29日)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/08(Thu) 01:14 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。