FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋篠宮ご夫妻、避難所ご訪問 手話交え「困っていることありますか」 群馬
2011年04月27日 (水) | 編集 |
秋篠宮ご夫妻、避難所ご訪問 被災者「元気いただいた」 群馬

 秋篠宮ご夫妻が25日訪問された東吾妻町の2カ所の避難所では、福島県南相馬市などの東日本大震災被災者から「本当に元気をいただいた」と喜びの声が相次いだ。

 ご夫妻はまず同町のホテル「コニファーいわびつ」で、被災者と地元ボランティアとのレクリエーションの様子を視察された。ご夫妻が玉入れに参加される場面もあり、室内は大きな拍手に包まれた。

 その後、秋篠宮さまは「お体は大丈夫ですか」と被災者らに声を掛けられた。南相馬市から避難した木幡トシ子さん(74)が「なかなか眠れません」と話すと、秋篠宮妃紀子さまは「外に出て太陽を浴びたら元気になりますよ」と励まされた。

 続いて、ご夫妻は同町の温泉施設「岩櫃ふれあいの郷」を訪問された。

 震災のショックで声が出なくなった同市の美容師、佐藤和香子さん(25)に、紀子さまが「手話はできますか」と声を掛けられた。佐藤さんがうなずいたため、紀子さまが手話で意思疎通を図られた。

 紀子さまは「声が出なくても、色々な方法で話ができますね」と励まし、佐藤さんを抱きしめられた。佐藤さんは「ご夫妻にお会いできて本当に感激しました」と筆談で喜びを示した。
(2011.4.26 MSN産経ニュース)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。