聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初心者むけ手話文法の入門書
2011年05月11日 (水) | 編集 |
初心者むけ手話文法の入門書

 記者会見などで目にする機会が増えたのが手話通訳だ。大修館書店から出版された『文法が基礎からわかる 日本手話のしくみ』(岡典栄・赤堀仁美著、1260円)は、手話を体系的に知りたい人、学び始めたばかりという初心者に役立ちそうな入門文法書。たとえば、「わかる」は<5本の指をのばして閉じ、それで胸を2度たたく>などと写真つきで絵解きしてくれる。ちなみに「おいしい」と「うまい」は別々。日本手話の特徴のひとつが、語彙(ごい)に男女差があることだという。

毎日新聞 2011年5月8日
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。