聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知事選の政見放送にも手話通訳…来春統一選から
2010年11月13日 (土) | 編集 |
知事選の政見放送にも手話通訳…来春統一選から

 総務省は12日、都道府県知事選挙の政見放送に、手話通訳を導入することを決めた。来春の統一地方選から実施する。

 政見放送の手話通訳は、総務省の規程で衆参両院の比例選で既に導入されている。各政党が収録映像を持ち込める衆院小選挙区選でも手話を付けるケースが多い。

 参院選挙区選と知事選では、通訳士が少ないなどの理由で実施は困難とされていたが、総務省は知事選では、地域間で通訳士を融通するなどの方法で導入も可能と判断した。参院選挙区選についても、導入に向けた検討を続ける。

(2010年11月12日 読売新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。