聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手話の九州代表女子高生、大舞台でスピーチ 
2010年08月29日 (日) | 編集 |
手話の九州代表女子高生、大舞台でスピーチ 

28日に東京・有楽町朝日ホールで開かれる「第27回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」(全日本ろうあ連盟、朝日新聞社など主催)に大分市の楊志館高3年、山元友起さん(18)が九州ブロック代表として出場する。全国71人の応募者から、原稿とビデオの審査で本選出場10人に選ばれた。中学生の時から目標だった舞台で「限りある命の育て方」と題して手話を披露する。

 小学校高学年の同級生にろう者がいたのがきっかけで関心を持った。中学3年生の時に母聖子さん(42)に勧められて近所の手話教室に通い始め、手話の授業がある同校に進んだ。在籍する同校福祉科は、月1回ほど中学校に手話の出前授業をしており、山元さんが中心になって手話を教えている。将来は手話通訳士を目指す。

 出場が決まってからは週に3、4日、県聴覚障害者センターでろう者に交じり練習している。「手話が日常会話なので、ついていくのに苦労するが勉強になる」。指導する手話通訳士の安部範子さんは「のみ込みが早く、才能がある」と評価する。

 先日、自宅近くで買い物中に、困り顔で店員とやりとりしていたろう者に出会った。手話で尋ねると「トイレに行きたい」という。店員の案内を通訳すると「ありがとう」と手話でお礼をされた。自分の手話が役に立ち、励みになった。
〈2010.8.27 朝日新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。