FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書の喜び 障害者に 世界の絵本紹介、上野で50点展示
2010年08月29日 (日) | 編集 |
読書の喜び 障害者に 世界の絵本紹介、上野で50点展示

 障害がある子どもが楽しめるよう工夫された世界各国の絵本を紹介する「世界のバリアフリー絵本展」が9月12日まで、台東区上野公園の国立国会図書館国際子ども図書館で開かれている。 

 国際児童図書評議会(IBBY)障害児図書資料センターが、優秀作品として選んだ二十一カ国の五十点を展示。会場では、来場者が全作品を直接手に取ることができる。

 ペルーの絵本は、刺しゅうにより絵が立体的に表現されており、触覚で絵を感じ取ることができる。日本の作品も、点字を使うだけでなく、イラストも触れて分かるように凹凸で表現している。

 イタリアからは「手話の絵本」が出品されており、聴覚障害がある子ども向けに、文字とともに手話の絵を併記し、読解を助けるようにしている。同図書館司書の田中千穂子さんは「障害がある方々にぜひ来ていただき、読書の喜びを分かっていただければ」と話している。入場無料。月曜日休館。問い合わせは同館=電03(3827)2053=へ。


(2010.8.28 東京新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。