聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年金不支給取り消し訴訟:聴覚障害者原告尋問 スクリーンに文字映す  地裁 /兵庫
2010年07月10日 (土) | 編集 |
年金不支給取り消し訴訟:聴覚障害者原告尋問 スクリーンに文字映す  地裁 /兵庫

◇「今までやり取り分からなかった」司法参加を促す契機に??関係者、評価
 難聴で身体障害者手帳3級を持つ女性(63)=神戸市西区=が、障害基礎年金の不支給処分取り消しを国に求めた訴訟の口頭弁論が6日、神戸地裁(栂村明剛裁判長)であった。原告女性が手話を使えないため、本人尋問で弁護人らの質問をパソコンで文字化し大型スクリーンに映し出した。全日本ろうあ連盟などによると、聴覚障害者が原告でこうした手法を取るのは珍しく、「聴覚障害者の司法参加を促す契機になる」と評価している。

 訴えによると、女性は幼少期に両耳の聴力が低下、20歳のころ「一生治らない」と診断された。07年に国民年金の受給手続きの説明を受ける際、障害基礎年金制度を初めて知り、同年金の裁定を請求したが、社会保険庁は「20歳に達した日の障害の状態を認定する資料がない」として却下。女性は身体障害者手帳の交付を受けていたが、聴力レベルに関する診断書が残っていないという。

 この日の弁論は、原告側弁護人が事前にスクリーン使用を地裁に申請。民間の元速記官が原告への質問をパソコンに入力し、約1メートル四方のスクリーンに字幕を投射。原告はこの文字を読みながら質問に口頭で答えた。

 最高裁によると、聴覚障害者らのコミュニケーション手段をどう確保するかは各裁判体の判断に委ねられる。一般的に手話通訳や要約筆記を採用するケースが多いが、全国の障害者団体などは、障害者本人が希望する方法を採用するよう法務省などに要望している。女性は取材に「スクリーンを使用するまで裁判官や弁護士のやり取りが全く分からず、悲しい気持ちでいた。今回は質問が理解でき、自分も答えられると分かった」と話した。

(2010.7.8 毎日新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。