聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日立、裁判員制度で利用される用語の手話アニメーション収録ソフトを公開
2010年05月30日 (日) | 編集 |
日立、裁判員制度で利用される用語の手話アニメーション収録ソフトを公開

日立製作所は26日、裁判員制度で利用される用語の手話アニメーションを収録したソフト「裁判員制度に係る手話単語辞書」を同社Webサイト上で公開した。対応OSは、Windows XP(SP3) / Vista(SP2) / 7。2011年3月31日までのおよそ10カ月間無償公開される。

「裁判員制度に係る手話単語辞書」は、社会福祉法人全国手話研修センター 日本手話研究所の協力のもと、裁判員制度で使用頻度が高い520語が収録。表示される単語を選択して、[再生]ボタンを押すとCGアニメーションの人物がその言葉の手話を再現する。アニメーションの人物は、正面 / 左 / 上 / 右と各方向でビューを変えられるので、より正確に手話の動きを学ぶことが可能になる。

同社は、1995年に手話アニメーションソフト「Mimehand」を製品化しており、PC上でCG手話アニメーションを作成・編集できるソフト「Mimehand II」、日本語手話辞典約8,000用例を網羅する電子版「日本語-手話辞典」なども提供している。
(2010.5.27 マイコミジャーナル)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。