FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手話で模擬裁判 「通訳間に合わぬ」
2010年02月09日 (火) | 編集 |
手話で模擬裁判 「通訳間に合わぬ」

 耳の不自由な人が裁判員に選ばれた場合、どのような配慮が必要になるのかを考える模擬裁判が6日、高松市太田上町の県聴覚障害者福祉センターで開かれた。高松地裁が協力し、裁判員の中に手話や要約筆記を必要とする人が入って、法廷や評議を展開した。参加した人らは「掛け合いになると通訳が間に合わない。もっと間を置いて」と訴えた。


 会場に集まったのは、耳の不自由な30人を含む約50人。模擬裁判の裁判長と検察官、弁護人、被告、被害者の役を同地裁の裁判官らが担い、健聴者と聴覚障害者が2人ずつ裁判員になった。


 早朝の書店を荒らした男が3万円と図書カード3枚を奪い、経営者をけってけがをさせたという想定。有罪の根拠は四つあり、偶然の重なりではないという検察側と、被告は友人から借金を返してもらっただけで無罪だという弁護側の主張を踏まえた評議では、あいまいな部分が残る根拠の判断に裁判員たちが悩む様子もみられた。


 手話利用の聴覚障害者として裁判員になった男性は「会話のやりとりでは手話が追いつかず、読み取りも難しかった」と指摘。手話通訳士になって3年という丸亀市の曽我部啓子さんも、「手話で訳しても、わからないという表情があると、先へ進んでいいのか気になる」と語った。


 裁判長を務めた大野洋裁判官は「法律家は早口が多い。耳が不自由な人だけでなく、一般の人にも理解しやすいよう、話し方に気をつけたいと思う」と話していた。
(2010.2.6 朝日新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
冷やかしなしでお願いします!
初めましていずみって言います☆1年半以上恋してません…(/∇≦\)元彼と付き合ってた時にあんまり会えなくて恋愛してた感じがなかった(; ̄  ̄)それから臆病になってたけど長いこと彼がいないからそろそろホンキで恋したいなーなんて思ってますo(^-^o)けっこう天然入ってるから大人で引っ張ってくれる人で年上の人と仲良くしたいです☆気になった人はメールしてね fly.me.so.high-@docomo.ne.jp
2010/02/20(Sat) 05:34 | URL  | いずみ #dwQp4Xf6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。