FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聞こえないのではない 手話を使う子だ 私立明晴学園を紹介した動画が優秀賞
2009年11月30日 (月) | 編集 |
聞こえないのではない 手話を使う子だ 私立明晴学園を紹介した動画が優秀賞

 手話で授業を行う日本初のろう学校として昨春開校した私立明晴学園(品川区)をテーマにした動画が、夢・希望をテーマにした第一回日本ドキュメンタリー動画祭(日本財団主催)で優秀賞に輝いた。「手話の意義について理解が進むきっかけに」と期待が高まっている。 

 受賞したのは、同校児童の親らでつくる特定非営利活動法人(NPO法人)バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター(大田区)が制作した「みんなで創(つく)った夢のろう学校」(四分四十五秒)。

 チャイムの代わりに始業を知らせるライトや、手話を使って分数を勉強し、会話しながら昼食をとる子どもたちの笑顔をとらえている。音声はなく、字幕が出る。

 作品は「明晴学園にいるのは聞こえない子どもたちではない。手話を使う子どもたちだ」の字幕で締めくくっている。「かわいそうな子どもと見るのでなく、日本語の代わりに手話を使っていると受け止めてほしい」との願いをこめた。

 日本財団ビルで二十五日に開かれた表彰式では、このコメントがすばらしいと審査委員が講評。玉田さとみ事業統括ディレクターは「一番伝えたかったことが分かってもらえた」と喜ぶ。

 他のろう学校では口の動きを読み取る口話を重視し、手話はあまり使われていないため、意思疎通がしにくい現状がある。板垣恵子事務局長は「聞こえない子どもの教育の選択肢として手話があることを、さらに多くの人に知ってほしい」と話す。

 同校には小学部と幼稚部があり、来春の中学部開設が内定している。賞金の十万円は同校への支援も含め、今後の活動費に充てる考えだ。
(2009.11.30 東京新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
困っています。
最近寂しくて困っています。夜一人で寝るのが凄く寂しいです…隣で添い寝してくれる男性いませんか?見た目とか特に気にしません。優しくて一緒にいてくれる方大歓迎☆一緒に布団で温まりましょう♪shart.enamorado.de-me@docomo.ne.jp
2009/12/05(Sat) 06:30 | URL  | あかり #NAokvNfI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。