FC2ブログ
聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手話に支障は「言語障害」 名古屋地裁、聴覚障害者の事故で認定
2009年11月26日 (木) | 編集 |
手話に支障は「言語障害」 名古屋地裁、聴覚障害者の事故で認定

 交通事故による後遺症で手話が不自由になったとして、聴覚障害のある名古屋市の60歳代の女性が加害者の男性に約2620万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であった。徳永幸蔵裁判官は「手話は意思疎通の手段であり、言語活動への後遺障害と扱うのが相当」として、約1220万円の支払いを命じた。

 原告代理人の田原裕之弁護士によると、聴覚障害者の手話機能の後遺障害を健常者の言語障害と同等と認めた判決は全国で初めてという。今後、他の障害者が事故で負った後遺症の重みを判断する際にも影響を及ぼしそうで、障害者団体は歓迎している。
(2009.11.25 日本経済新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。