聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音なき画風にろう者の誇り
2010年11月18日 (木) | 編集 |
音なき画風にろう者の誇り

 聴覚に障害がある熊本市の画家、乘富(のり・とみ)秀人さん(41)が16日から同市花畑町の崇城大学ギャラリーで個展「音のない青の世界 ―デフアート(ろう者の芸術)展―」を開く。作品を通じ、「ろう者であること、手話があることに誇りを持ってほしい」とのメッセージを投げかけたいという。12月4日まで。入場無料。

  個展には、2008年から今年にかけて手がけた絵画63点が並ぶ。油絵の具で描かれたキャンバスには、黒地に青や紺の色調。手話が排除され、補聴器を使って日本語の聞き取りや発声をさせる口話法が中心のろう学校教育に反発し、ろう者であることのアイデンティティーを伝える作品構成にしたという。


  乘富さんは東京都練馬区出身。生まれつき耳が聞こえない。ろう学校の小学部に通っていたとき、補聴器をつけ、教師が口元を隠して発した言葉を聞き取る訓練に対し、「そんなことはできないと伝えられる雰囲気ではなかった」。隠れて先輩に手話も習ったが、教師からは「手話をして口話をしないと、声が動物のようになってしまう」とののしられたという。

  1993年に妻の和子さん(37)が米国のろう学校に留学して手話を学び、子どもたちに日本文化を教えた。自分にも幼い頃の苦い経験をもとに、ろう者としての誇りを同じ境遇の子どもたちに伝えることはできないかと絵筆を執った。絵画教室に通い、96年に油絵を学ぶためフランスに留学。99年に画家として制作を始め、04年に「デフアート」に専念するようになった。

  個展は九州では初めてという。「ろうの子どもたちが当たり前のように手話教育を受け、家庭内でも手話で楽しく会話できるように理解を広めたい」と話す。

〈2010.11.16 朝日新聞)
スポンサーサイト
知事選の政見放送にも手話通訳…来春統一選から
2010年11月13日 (土) | 編集 |
知事選の政見放送にも手話通訳…来春統一選から

 総務省は12日、都道府県知事選挙の政見放送に、手話通訳を導入することを決めた。来春の統一地方選から実施する。

 政見放送の手話通訳は、総務省の規程で衆参両院の比例選で既に導入されている。各政党が収録映像を持ち込める衆院小選挙区選でも手話を付けるケースが多い。

 参院選挙区選と知事選では、通訳士が少ないなどの理由で実施は困難とされていたが、総務省は知事選では、地域間で通訳士を融通するなどの方法で導入も可能と判断した。参院選挙区選についても、導入に向けた検討を続ける。

(2010年11月12日 読売新聞)
松雪泰子、全編手話の難役「楽しかった」
2010年11月04日 (木) | 編集 |
松雪泰子、全編手話の難役「楽しかった」

 女優の松雪泰子(37)が2日、11月27日放送のNHKドラマスペシャル「心の糸」(後9・0)の記者発表会を東京・渋谷の同局で開いた。

 生まれつきの聴覚障害者役の松雪は、全編手話の難役に初挑戦するため特訓を1カ月間受け、「芝居の中で心のやり取りができた。言葉がない状態での表現は難しかったけど、役者としては楽しかった」と満足げだ。

 高校3年の息子との深い絆を描く感動作だが、「私も10歳の男の子の母なので母親役を自然に演じています。母性って奥が深いと思う」としみじみ語った。息子役は神木隆之介(17)。

(2010.11.3 サンケイスポーツ)
松雪泰子が手話に初挑戦
2010年11月03日 (水) | 編集 |
松雪泰子が手話に初挑戦

 女優松雪泰子(37)が2日、都内で、主演するNHK特別ドラマ「心の糸」(27日午後9時放送)の会見に息子を演じた神木■(■は隆の生の上に一)之介(17)と出席した。ろうの母と、母を支え、期待を寄せられながらも自立したい息子の姿を、親子の深いきずなをテーマに描く。手話に初挑戦した松雪は「心のやりとりができたと思う。伝えたい思いが強いだけに、目で表現し、眼球が痛くなるほど集中しました」と語った。神木は「見る人に両親へ『ありがとう』と感謝してもらえたらいい」と語った。

〈2010.11.2 日刊スポーツ)
イルカやアシカのエスコート 障害乗り越え2度目の挙式
2010年11月01日 (月) | 編集 |
イルカやアシカのエスコート 障害乗り越え2度目の挙式

京急油壺マリンパーク(鹿児島県三浦市三崎小網代)は30日、同館の愛好者で結婚10周年を迎えた聴覚障害を抱える40代の夫婦を迎え、記念の結婚式「アニバーサリー・ウエディング」を行った。イルカやアシカのエスコートで2度目の式を挙げた2人は「人生の区切りに一番の思い出になった」と喜んだ。

 挙式したのは横須賀市出身で横浜市港北区の会社員、湊隆行さん、妻紀子(としこ)さん。隆行さんは重度の聴覚障害を乗り越え筑波大学付属ろう学校から東海大学に進学。紀子さんは県立追浜高校卒業後、働きながら通信制大学で福祉を学び、学士を取得した。

 勤務先のIT企業の手話サークルで知り合い、趣味のスキューバダイビングで交際を深め、00年に結婚し、三浦市に住んだ。01年に誕生した長女で小学4年、杏海さんも軽度の難聴を抱えていたが、明るく育った。

 家族でイルカや魚が好きで同館には年間パスポートで月2回ほどは訪れていたが、親子で過ごす時間を長くと、勤務地近くに転居したのをきっかけに足が遠のいた。同館側から連絡を取り、感謝の意を込めて記念の挙式を申し出た。

 イルカショー会場で行われた式では、ウエットスーツ姿の新郎新婦がイルカに乗って入場。家族や友人、一般客の前で誓いの言葉を手話で述べると、参列者やアシカが拍手、イルカが尾を水面から出して同意の合図をした。アシカが運んだ指輪の交換=写真=の後、結婚証明書にサイン。2人は手話で「皆さんの祝福で幸せなひとときを過ごせました。夫婦力を合わせて娘とともに幸せを守り続けていきたい」と礼を述べた。

〈2010.10.31 毎日新聞)
手から『心』伝えたい 『おしなりくん』手話挑戦
2010年11月01日 (月) | 編集 |
手から『心』伝えたい 『おしなりくん』手話挑戦

 東京スカイツリー(墨田区)周辺の地元商店会が生んだイメージキャラクター「おしなりくん」が近ごろ、手話に挑んでいる。しゃべれない着ぐるみでも、たくさんの人と仲良くなりたいからだそうだ。二十八日に発表されたスカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」にも、「友達になろうよ」とラブコールを送っている。

 おしなりくんは、地元の五商店会でつくる「押上・業平橋地区活性化協議会」が、スカイツリー建設を受けて公募し、昨年八月に誕生。業平橋の地名の由来となった歌人、在原業平をモチーフに、押上・業平にちなんで名付けた。

 スカイツリーに近い同区業平の観光案内所「おしなりくんの家」を拠点に、イベントに参加したり、毎週土曜に周辺を散歩したりして同地区をPRしている。

 手話を学び始めたのは、「家」の運営スタッフが、障害のある人にも応対できるようにしようと手話研修を受けたのがきっかけ。十九日にあったスタッフ向け研修会におしなりくんも参加。二十二日にもすみだボランティアセンターを訪れ、手話を学んだ。

 現在は「よろしくお願いします」「そうなんだ」「展望台に上りたい」「遊びに来てください」などを習得。二十三、二十四日に滋賀県彦根市であった「ゆるキャラまつり」でもステージで披露し、来場者によろこばれたという。

 今後も勉強を続け、語彙(ごい)を増やす予定。ただ、おしなりくんの手は丸くて指がないため、手話表現に制約がある。スタッフによると、おしなりくん本人は「少し自己流だけど、大目に見てね」と話しているそうだ。

(2010.10.29 東京新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。