聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手話通訳分かれた対応
2010年04月22日 (木) | 編集 |
手話通訳分かれた対応

傍聴者向け 各地裁は 立ったらダメ■傍聴券確保して・・・ 和歌山は「証言台そばで」

 「1年以上にわたる裁判、ご苦労さまでした」。9日、地裁で開かれた障害者自立支援法違憲訴訟の第4回口頭弁論。和解成立後、原告の労をねぎらい、高橋善久裁判長がかけた言葉を、手話通訳者が証言台のやや後ろから伝えていた。全国14地裁で起こされた同訴訟では、傍聴席には耳の不自由な人も多く、手話通訳は欠かせない。が、傍聴券の確保を求めたり、起立を禁じたりと、各地で対応が分かれた。

 和歌山訴訟原告の和歌山市北島、大谷真之さん(35)は耳が不自由ではないが、聴覚障害を持つ支援者もいる。昨年6月に開かれた第1回口頭弁論の前に、弁護団が、手話通訳者を入れると、地裁に申し入れた。

 従来、傍聴席側にパイプいすを置き、座ったまま通訳をしており、当初2回の口頭弁論では、前例を踏襲。第3回の事前協議で、法廷内からの通訳を求め、認められた。和歌山弁護団の長岡健太郎弁護士によると、前任の裁判長が快諾し、4月に赴任した高橋裁判長にも引き継がれたという。

 手話通訳を担当した県聴覚障害者情報センターの小薮恵美子さん(51)は「耳の聞こえない人は、全体を見ながら内容を理解する。裁判官や弁護士と、通訳者とを交互に視線を移していると、ストレスが大きく、話の流れが分からなくなる」と指摘。原告や被告、裁判官と同じ法廷内から手話通訳ができたことで、「とてもやりやすかった」と振り返る。

 ただし、和歌山での対応は、全国的に見ると少数派だったようだ。多くの地裁で、傍聴席側にパイプいすを置いて通訳した。

 東京地裁では、当初、傍聴席の固定されたいすに座って通訳するよう求められた。それでは、体をひねって傍聴者側を向く必要があり、無理な姿勢を長時間とらなければならない。昨年9月の第1回口頭弁論では、見やすいようにと立ち上がった手話通訳者が、一時、裁判所の職員に制止される場面もあったという。今年1月、改めて協議し、正式に立って通訳することが認められた。

 さいたま地裁では、手話通訳者も傍聴券の取得が必要だった。実際にはパイプいす席から通訳をするため、常に傍聴席に空席ができた。

 地裁によって対応が分かれるのは、手話通訳の扱いについて明確な規定がなく、裁判官の訴訟指揮の範囲となっているためだ。が、専門家からは、「そもそも、裁判官の裁量に任されるべき内容ではない」との声もある。井上英夫・金沢大教授(社会保障法)は「手話はコミュニケーションの一種で、人権として保障されるべきもの。裁判官が訴訟指揮で制約を加えるのは、傍聴人が騒ぐなど、進行の妨げになる場合に限るべき」と指摘する。

 「障害者が当たり前に暮らせるように」との思いから始まり、政府との和解に至った同訴訟。誰もが当たり前に傍聴できる裁判とは何かを議論するきっかけにもなってほしい。

(2010年4月20日 読売新聞)
スポンサーサイト
2.2万人を導く 世界初「盲聴導犬」訓練中、滋賀の聴覚障害者施設
2010年04月14日 (水) | 編集 |
2.2万人を導く 世界初「盲聴導犬」訓練中、滋賀の聴覚障害者施設

 視覚と聴覚の重複障害者「盲ろう者」が利用できる補助犬「盲聴導犬」の訓練に、滋賀県守山市の聴覚障害者施設が取り組んでいる。盲導犬や、聴覚障害者をサポートする聴導犬はすでに実用化されているが、厚生労働省によると、盲聴導犬は世界的にも例がないという。施設では「社会から孤立しがちな盲ろう者の生活やコミュニケーションに役立つ補助犬を育てたい」と意気込んでいる。

 訓練に取り組むのは「びわこみみの里」(守山市水保町)。施設に通う滋賀県草津市の盲ろう者、岡田昌也さん(44)が、家族らの介助がなければ外出が困難なため「補助犬を使って自由に歩きたい」と望んだのがきっかけ。昨年4月から厚労省の補助事業で訓練を始め、補助が終了した今年4月以降は寄付金などをもとに継続している。

 盲導犬に多く用いられているラブラドール・レトリバーを採用。盲導犬を訓練している「京都ケアドッグステーション」(京都府長岡京市)の訓練士、仲川愛さん(26)が、岡田さんとともに週1回、施設内で調教を続けている。

 盲聴導犬の育成で難しいのは、盲ろう者が犬に触れることで指示を出したり、車の接近など危険を感じ取ったりすること。このため、犬の顔に手で触れて進む方向を示すほか、犬に特殊な誘導器具をつないで、犬の動きを感じ取りやすくした。

 手をたたいて音を出すことで犬を近づける工夫をするなど、根気よく続けた訓練が実を結び、岡田さんと犬のリズムも合ってきた。岡田さんは、机などの障害物を前に立ちどまる犬の動きをきちんと感じ取り、施設内を歩き回れるようになったという。「最初はうまくいかなかったが、互いに成長した」と進歩を実感する。

 厚労省によると、盲導犬は全国で千頭以上、聴導犬は昨年8月調査で19頭。盲聴導犬の実用例は「世界的にも聞いたことがない」(同省担当者)という。

 盲ろう者が犬のサポートだけで外出するには危険な状態で、飼育方法の確立や法整備が課題。中村正所長は「盲ろう者の障害の程度に応じた犬も育成し、実用化へ努力したい」と話した。

(2010.4.13 MSN産経ニュース)
すべての授業を手話で 品川区に明晴学園中学部が開校
2010年04月11日 (日) | 編集 |
すべての授業を手話で 品川区に明晴学園中学部が開校

 すべての授業が手話で行われる日本初のろう学校、私立明晴学園(東京都品川区)の中学部が9日、開校した。7人が入学し、みんなでテープカットをして祝った。

 「自分たちの言葉」である手話で学ばせたいと、ろう児の親や若いろう者らが中心となって2008年に幼稚部と小学部が出来た。中学部開設も当初からの目標だったが、資金が不足。約3千万円を募金で集めた。

 7人はみな小学部の卒業生。グレーのブレザーの制服は自分たちで選んだ。先生は、英語も手話で教える。

 斉藤道雄校長は「将来どんな大人になるのか、働くとはどういうことか、子どもたちがイメージできるように支えていきたい」と語った。
(2010.4.9 朝日新聞)
視聴覚障害者が大学院入学 筑波技術大に男女7人
2010年04月06日 (火) | 編集 |
視聴覚障害者が大学院入学 筑波技術大に男女7人

視覚、聴覚障害者のための国立大、筑波技術大(茨城県つくば市)で5日、視聴覚障害者だけを対象に新設した大学院の入学式があり20?40代の男女7人が入学した。

 同大によると、視覚障害者向けの大学院は世界で初めて。聴覚障害者向けの大学院は米国のギャローデット大、ロチェスター大に続き、世界で3番目となる。

 視覚障害があり、情報システムを学ぶ小宮厚一さん(22)は「社会に貢献できるようパソコンのプログラミングやシステム開発を学びたい。こういう大学院があることをほかの障害者の方にも知ってほしい」と話した。

 入学式で村上芳則学長は「障害に負けずにここまで成長した皆さんを敬意を持って大学院にお迎えします」と激励した。

 大学院に置かれるのは技術科学研究科で、修士課程のみ。聴覚障害者を対象とし情報科学などを学ぶ「産業技術学専攻」と、視覚障害者を対象とし、はり・きゅうや理学療法学などを学ぶ「保健科学専攻」の2コースからなる。
(2010.4.5 47NEWS) 
NHK 「ろうを生きる 難聴を生きる」 4月4日放送
2010年04月05日 (月) | 編集 |
NHK 「ろうを生きる 難聴を生きる」 4月4日放送

2010年4月4日(日)夜
[再放送]9日(金)昼・11日(日)夜・16日(金)昼

聞こえない人と聞こえる人のかけはしに ?新潟・小池卓さん?

2010年3月、新潟市で「しゅわる映画祭」が開かれる。聞こえない人も聞こえる人もともに同じ映画を楽しんでも
らい、あわせて、手話に関心を持ち手話を使う(しゅわる)人を増やすことを目的にした、はじめての映画祭だ。
映画祭を企画したのは、手話の普及をめざして活動する団体・手話レクチャー「ハンズ」。代表の小池卓(すぐる)さん(31歳)が映画祭の運営委員長を務めている。小池さんは、小学生の時に自分が難聴だとわかった。聞こえないことでつらい日々を送ったが、その後、手話と出会い、その魅力を知り、「手話をもっと世の中に広め、聞こえない人と聞こえる人の壁をなくしたい」と思うようになる。そのために「ハンズ」でさまざまな企画にかかわってきた。映画祭もそのひとつだ。 「聞こえない人と聞こえる人のかけはしになりたい」と願う小池さんに、その思いを伺う。

小池 卓(すぐる)さん(NPO法人「しゅわるハンズ」代表)
佐藤 紘一(こういち)さん(ろう者 元そば屋の経営者)

(NHK HPより)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。