聴覚障害者に関するニュース、聾(ろう)文化や手話に触れて興味深かった事などを綴っていこうと思います。






スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「手話で教育」黄信号 広島
2008年03月29日 (土) | 編集 |
「手話で教育」黄信号 広島

手話を使った教育で全国的に定評がある広島市中区の広島南特別支援学校(旧広島ろう学校)で、手話ができる教員が減り、保護者から憤りの声が上がっている。広島県教委の人事異動方針が障害児教育を担う学校にも厳格に適用され、勤務期間が長い教員の配置転換が進んだことが要因とみられる。学校側も「十分な教育ができていない」と認めている。

 中学生の理科の授業を訪ねた。手話ができない非常勤の講師が、火山の形や特徴を図解で説明していた。傍らの教員が手話でサポートする。

 授業を見学した元教員で、県手話サークル連絡協議会の西村英子元会長は「手話を使っていた教員は、単語の手話表現を中心に教えていた。学習内容は十分伝わっていない」と強調。「授業前にもっと打ち合わせが必要だが、限られた教員数では難しいのでは」と指摘する。

 非常勤講師を含めて約60人いる教員の4割弱が手話を使えないと学校側が認める。是正指導に基づく異動方針の影響は明らかともいえる。秦郁雄校長は「転任してきた教員には手話研修を実施しているが、保護者の期待には十分応えられていない」と苦しげだ。

(2008.3.28 中国新聞)

「勤務期間が長い教員の配置転換」を特別支援学校にも導入するなんて、信じがたいです。
特別支援学校で長く勤務した手話のできるベテラン教員を、移動させたってことですよね。
ちょっと考えれば、分かりそうなことなんだけどなぁ。ホント、お役所仕事だよなぁ。
スポンサーサイト
みお&フォーチュンクッキー手話初披露 / 「手話ソング」について思うこと
2008年03月25日 (火) | 編集 |
みお&フォーチュンクッキー手話初披露

女性3人組ユニット、みお&フォーチュンクッキーが23日、東京・秋葉原でデビュー曲「青い奇跡」の発売記念イベントを行った。35年前に桜田淳子が歌ったヒット曲「わたしの青い鳥」を手話の振り付けで初披露。今後は夏休みなどを利用して、全国の老人ホーム施設慰問などのボランティア活動に力を注いでいく。
(2008.3.23 日刊スポーツ)

ボランティア活動は素晴らしいことだとは思いますけど、写真ではマイクを片手に歌ってます。
やはり、片手で手話をしてるんでしょうか?
「手話ソング」を見る機会があると、たまに聾者の立場になって耳をふさいだり、音を消してみます。
歌詞を知っている曲はまだいいのですが、歌詞を知らない曲だと、単語の羅列で意味不明なことが多いです。(もちろん私の手話単語のボキャブラリーが乏しいのも要因ですが...。)

昨今、本当にあちこちで目にしますが、そもそも「手話ソング」って誰に向けてのものなのでしょう?
歌が聞こえない聾者にとっては、歌詞に手話単語をあてはめるだけの手話は、歌詞の意味が分かりづらいはず。手話に触れる足がかりとしては良い趣向なのかもしれませんが...。



「事故で手話不自由」賠償請求 「言語障害と同じ」…被告側は争う構え
2008年03月24日 (月) | 編集 |
「事故で手話不自由」賠償請求 「言語障害と同じ」…被告側は争う構え

 乗用車にはねられた後遺症で手話が不自由になったとして、名古屋市内の聴覚障害者の60歳代女性が、運転していた40歳代の愛知県海部郡内の男性を相手取り、約1750万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、第1回口頭弁論が19日、名古屋地裁で開かれた。原告側は「健常者の言語障害に相当する」と主張し、被告側は「手話が困難になったことを、言語障害と同一視できる基準がない」として、請求棄却を求めた。

 訴状によると、女性は2004年7月、横断歩道を歩行中、乗用車にはねられて重傷を負った。左手や右肩に後遺症が残り、手話が困難になった。しかし、賠償額の算定基準となる自賠責保険の後遺障害等級では「言語障害」と認定されず、より等級の軽い「右肩関節の運動障害」と認定された。

 原告側は「聴覚障害者の手や肩に障害が生じた場合の適正な損害賠償について、司法判断を求めたい」としている。

(2008年03月24日 読売新聞)

「手話が困難になったことを、言語障害と同一視できる基準がない」ということは、これまで同様の訴訟はなかったのでしょうか?裁判所は、よ?く熟慮して、今後このような訴訟が起こったときの「前例」をつくってほしいと思います。

山形県障がい福祉課にテレビ電話設置
2008年03月21日 (金) | 編集 |
 山形県障がい福祉課にテレビ電話設置

県障がい福祉課は、聴覚障害者の利便性を図るため、課内にテレビ電話を設置した。行政情報に関する問い合わせや相談の際、聴覚障害者はこれまで直接足を運ぶなどしていたが、画面を通じて手話で話せるようになる。

 関係団体の要望などを受けて設置。同課の手話通訳者が対応し、福祉関係以外の問い合わせの窓口としても機能する。来庁の手間や、ファクスでのやりとりに掛かる時間を省け、同課は「手話通訳者がいる県有施設にも今後、設置を検討する」としている。

 県聴力障害者協会の小野善邦会長は「テレビ電話は、聴覚障害者同士のコミュニケーション手段の基本。県庁に設置されたことで、行政との連絡がスムーズになるだけでなく、文章では通じにくいニュアンスも伝えやすくなった」と話している。

 テレビ電話は従量制023(666)8884、定額制555(662)289。問い合わせは障がい福
(2008.3.21山形新聞)

もっと、色々な施設に設置してほしいですね。
費用はかかるでしょうけど、こういうところに税金は使われるべきですね。
障害者手帳 看護師・民生委員も取得 聴覚偽装
2008年03月19日 (水) | 編集 |
障害者手帳 看護師・民生委員も取得 聴覚偽装

北海道で発覚した聴覚障害の偽装疑惑で、札幌市の耳鼻科医(73)の診断で最重度の「聴覚障害2級」の障害者手帳を取得した人の中に、赤平市立病院の看護師や芦別市の民生委員が含まれていることが朝日新聞の調べで分かった。「2級」は補聴器を使っても聞こえない状態とされ、看護師や民生委員の職務をこなすのは難しい。2人ともすでに手帳を返還し、民生委員は辞職している。

 赤平市の看護師は50代の女性で、78年に医療職の市職員として採用され、市立赤平総合病院に勤務。勤続30年のベテランだという。2級の手帳は04年に取得していた。

 病院関係者によると、この看護師は他の人と同様に勤務をこなし、3交代制の夜勤も割り当てられているという。同僚は「手帳を持っていることはずっと知らなかった。やり取りで支障があるような話は職員からも患者からも聞いたことがない」と話す。

 看護師は再確認調査の対象となり、今月10日に同市役所に呼び出されて面談を受けたが、「手帳の要件に該当しない」として返還を命じられた。

 看護師は朝日新聞の取材に「話すことは何もない」としている。赤平市社会福祉課は「手帳の申請書に職業欄はあるが勤務先の記入までは求めておらず、把握できなかった」と釈明している。

 芦別市の民生委員は70代の男性で、約9年前に委嘱。地域の福祉の窓口として住民の相談に乗ったり、福祉事務所と連携を取ったりするのが役目で、活動費として市から年間約6万円が支給されていた。

 2級の手帳は03年に取得していたが、今年2月末に自分から返還し、民生委員も辞職したという。

 男性は「以前、炭鉱で働いていたこともあって耳は良くないが、症状が重いわけではない。2級の手帳をもらって『こんなものか』と思っていたが、問題があることがわかったので返上した」と話した。

 芦別市福祉課は「民生委員と障害者手帳では担当者が異なり、手帳の取得が把握できなかった。こういうことが起きた以上、他の民生委員についても手帳を取得していないか調査したい」としている。

 この問題をめぐっては、同じ札幌市の医師の診断で710人に手帳が交付されたことが確認されている。返還者は17日現在で486人と、すでに全体の7割近くに上っている。自治体別では芦別市が195人、赤平市が84人、札幌市が54人など。
 
 (2008.3.18 朝日新聞)

う?ん。実際、こういうことが蔓延してるのかなぁ?本当の聴覚障害の人にも疑いの目が向けられると気の毒ですよね。
携帯の怖さ 手話DVDで
2008年03月18日 (火) | 編集 |
携帯の怖さ 手話DVDで / 石川県野々市・住民らの団体

 石川県野々市町や住民、教員らで作る「“ののいちっ子を育てる”町民会議」は、聴覚障害児に携帯電話の危険性を紹介する手話通訳付きのDVD「持たない持ちたがらない携帯電話」を制作した。緊急の連絡のため携帯電話のメールを使う聴覚障害を持つ子供にもネットの弊害を知ってもらうのが狙いで、会議は県内のろう学校や手話サークルなどに配布し、情報教育に役立ててもらう。

 同会議には行政や住民、教員らが参加し、地域ぐるみで小中学生に携帯電話を持たせない運動をしている。DVDは小学生向けで、金沢工業大の学生らが寸劇で、ネットいじめにつながりやすい「学校裏サイト」や携帯のカメラで書店などで雑誌などを撮影する「デジタル万引き」、特定のサイトに接続しただけで架空の料金を請求する「ワンクリック詐欺」などを分かりやすく説明。手話通訳をつけた。

 電話が使えない聴覚障害者にとって携帯電話のメールは緊急時の連絡手段として有用なため、子供に持たせる親も多い。しかし、これまで聴覚障害者向けの情報教育に関する教材はほとんどなかった。このため同町には、聴覚障害がある子供を持つ保護者から、「子供の携帯電話にワンクリック詐欺などのメールが届き、怖がっている」といった相談も寄せられていた。

 このため、同会議では2003年に小学生用の教材として制作したDVDを改訂し、内容を充実させるのに合わせ、手話バーションを制作した。手話通訳でDVD制作に協力した同町しあわせ支援課では、「聴覚障害者にとっては携帯電話がもしもの時の頼みの綱になることもある。携帯電話の危険性も知ることで、携帯電話の使用について考えるきっかけになってほしい」と話している。

(2008年3月16日 読売新聞)

確かに聴覚障害者には、今や携帯メールは不可欠になってきましたね。ろう学校に通うため、バスや電車通学が多い聴覚障害の子供にもあてはまることだと思います。機能をメールなどに限定して、うまく活用してもらいたいですね。

千歳出身フッチーさん、手話付きライブで熱く 全曲を通訳 恵庭で16日
2008年03月13日 (木) | 編集 |
千歳出身フッチーさん、手話付きライブで熱く 全曲を通訳 恵庭で16日

千歳出身で東京在住のシンガー・ソングライターfucchiE(フッチー)=本名・渕上卓司さん(26)=が十六日、恵庭市島松仲町のイベントホール「夢創館」で、全曲手話通訳付きのライブを開く。「音の聞こえない人にも伝えられる歌がある」とのフッチーさんの思いに、千歳や恵庭、長崎県の手話サークルが賛同、手話通訳を受け持つ。

 フッチーさんは千歳向陽台中出身。父の影響で三、四歳のころから中学生まで詩吟を習った。福岡県の大学を卒業後、上京。二〇〇四年九月から音楽活動を始め、昨年十二月には全国発売のアルバム「M.E.」をリリースした。

 手話通訳の付いたライブを始めたのは、昨年五月に交通事故で他界した学生時代の友人を思って作った歌「向日葵(ヒマワリ)」を、長崎に住む友人の両親に贈ったのがきっかけだった。

 この両親は当時、長崎県長与町の手話サークルに在籍しており、フッチーさんの歌に感銘を受けたサークル仲間が、昨年十月にフッチーさんが長崎で開いたライブで手話通訳を実施。訪れた聴覚障害者に「独特の歌詞の世界観が伝わる」と人気を集めた。以来、フッチーさんは同県各地で手話サークルの協力を得たライブを五回開いている。

 今回は長崎から五人、恵庭、千歳の手話サークルから約十人が出演。フッチーさんが歌い上げる「向日葵」をはじめとする約二十曲のオリジナル曲の歌詞を、手話とジェスチャーで通訳する。協力メンバーの一人で、長崎県長与町の美容師山下佳子(よしこ)さん(35)は「音が聞こえない人も聞こえる人も、同じ世界を楽しむことができたら」と楽しみにしている。

 ライブは午後五時半から。入場料は前売り二千五百円、当日三千円。学生は学生証提示で各五百円引き。問い合わせは夢創館(電)36・6050へ。(荒谷健一郎)
(2008.3.12 北海道新聞)

 とても興味深いライブですね。私も、聴覚障害の方が音楽の理解は難しくても、日本に数えきれないほどある素晴らしい歌詞を、もっと知ってもらいたいなと、常々思ってます。
乳がん検診:聴覚障害を持つ女性は受けにくい 滋賀医大の学生らが調査 /滋賀
2008年03月12日 (水) | 編集 |
乳がん検診:聴覚障害を持つ女性は受けにくい 滋賀医大の学生らが調査 /滋賀

未受診者の7割「コミュニケーション難」??張り紙や筆談など、病院は配慮を
 聴覚障害を持つ女性にとって、乳がん検診は受けにくい――。滋賀医大の学生らが聴覚障害者と健聴者の乳がん検診について比較調査したところ、こんな実態が見えてきた。受診経験がない聴覚障害者の70%以上が「コミュニケーションが取りにくいため」と答えており、調査を指導した北原照代講師は「受診率の差を広げないための取り組みが不可欠」と話している。【蒔田備憲】
 調査は昨年11?12月に聴覚障害者16人、健聴者31人の女性47人に実施。マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)などの検診を受けた後、質問紙と面接で回答を得た。
 スムーズに検診できるよう事前に字幕・手話付きの紹介ビデオを上映。通訳者の前で上着を脱ぐのに抵抗を感じる人に配慮し、張り紙や筆談を活用するなど工夫した(別表)。
 問診票の平均記入時間は聴覚障害者が7・5分で、健聴者の3・5分と比べると、4分長い。「初潮」「ホルモン療法」など、聴覚障害者になじみのない言葉が多く、通訳に時間がかかったことが原因だという。
 マンモグラフィーの検査時間や診察時間に大差は無かったが、医師の説明の理解度は、健聴者の97%が「よく分かった」と答えたが、聴覚障害者は74%にとどまり、「ほとんど分からなかった」と「少しわかりにくかった」を合わせると、26%に上った。
 受診経験がない理由について、聴覚障害者の70%以上が「コミュニケーションが取りにくい」と回答。「どうやって受けたらいいかわからなかった」という人も60%近くに上った。こうした回答は健聴者には、ほとんどなく、「情報バリア」が受診の妨げになっている実態が浮かんだ。
 乳がんは、壮年期(30?64歳)の女性のがん死亡原因のトップ。診察した草津総合病院の田中彰恵医師は「聴覚障害を持つ人が受けやすい環境を作るため、病院側もできる範囲で配慮を広げるべき」と指摘している。
…………………………………………………………
 北原講師らが工夫した主な点は次の通り。
 ◆カルテに聴覚障害を示すシールを張る
 ◆検査時に顔の向きを指示する紙を掲示
 ◆診察は筆談、簡単な手話で行う
 ◆スタッフはすべて女性にする
(2008.3.11 毎日新聞)

 乳がんに限らず、病院内の全ての科での障害者に対する配慮をしてほしいですね。
手話技術向上に研修会=北海道教委
2008年03月11日 (火) | 編集 |
手話技術向上に研修会=北海道教委

 北海道教育委員会は2008年度、ろう学校教員の手話のレベルアップを図るため、外部の手話技術の専門家を招いた研修を実施することを決めた。同年度一般会計予算案に新規事業として約250万円の経費を計上した。
 道内に7カ所あるろう学校では、生徒の残された聴覚などを利用した「聴覚口話」による教育が中心で、手話を活用した教育や、教員の手話技術向上については各学校の裁量に任されている部分が大きいという。
 道教委は児童・生徒とのコミュニケーション能力を高め、ろう学校での教育の質向上を図るためには、教員の手話技術の向上が不可欠と判断し研修体制を強化することにした。
 このため、全国手話研修センターから講師を招いて技術水準を高めるための統一的な研修を行うほか、各ろう学校でも外部の専門家による研修会を実施していく。
 道教委特別支援教育課は、研修体制の充実を通じて「生徒一人ひとりのニーズに対応した授業を展開できるようになる」とみている。 (2008.3.11 時事通信社)

 先日の記事の関連記事を追加です。全国でもぜひ実施してほしいですね。
「日本手話」できる教員養成へ 北海道教委が全国初 生まれつきのろう者に対応
2008年03月08日 (土) | 編集 |
「日本手話」できる教員養成へ 北海道教委が全国初 生まれつきのろう者に対応

道教委は新年度、生まれつき耳の聞こえないろう者が主に使う「日本手話」による授業をろう学校に本格導入するため、日本手話を活用できる教員の養成に乗り出す。聴覚障害のケースに応じた授業を展開する狙い。手話の専門研修機関である全国手話研修センター(京都市)によると、日本手話に対応した教員養成を行う都道府県教委は初めて。

 手話には「日本手話」と「日本語対応手話」の二種類がある。道教委などによると、日本語対応手話は日本語の文法に基づいて単語をそれぞれ手話で表現、日本語を覚えた後に聴力を失った人や難聴者が主に使用。一方の日本手話は、ろう者の間で自然に生まれた言語とされ、日本語と異なる文法で構成、手や指だけでなくまゆやあごの動きも意味を持つ。健常者が学べる機会が少ないため、テレビ番組やイベントなどでの通訳の大半は日本語対応手話という。

 日本のろう教育は、補聴器などで残存聴力を活用しながら唇の動きを読み、発声を訓練する聴覚口話法が中心だったため、ろう者の保護者からは手話教育の充実を求める声も出ていた。

 道教委によると、幼・小・中学部を持つ道内七ろう学校の教員百八十八人(昨年五月現在)のうち、日本語対応手話で授業を行える教員は半数に満たず、日本手話は「数人しかいない」(特別支援教育課)。

 このため、新年度予算案に約二百五十万円を計上し、全国手話研修センターから講師を招くほか、各ろう学校で外部講師を招いた研修も実施。日本手話で意思疎通できる教員を「数年内に十人前後まで増やす」(同課)のが目標という。
(2008.3.5 北海道新聞)

 ろう学校に日本手話を使える教員が少ないなんて、やはりおかしいですよね。とても画期的な取り組みだと思います。でも、ろう学校には、ろう者だけでなく、難聴や中途失聴の子供もたくさん通っているので、「日本手話」と「日本語対応手話」をどう使い分けて授業に取り入れるのか慎重に協議すべきですね。


WEBで公開「はじめての方の手話講座」NECシステムテクノロジー
2008年03月03日 (月) | 編集 |
WEBで公開「はじめての方の手話講座」NECシステムテクノロジー

NECシステムテクノロジーのWEBサイトで手話講座の動画配信をはじめました。(もちろん無料)
http://www.necst.co.jp/product/stg/slcourse/index.html

「DVDや紙面では表現しきれない手話の動作をいつでも、どこでも、誰にでもわかりやすく映像や文字で表示されるので、初めての方でも簡単に手話の学習をおこなう事ができます。是非、手話の学習に挑戦してみてください」とのこと。

手話講座・初級編は毎月、単語編は随時更新の予定だそうです。ぜひ、活用してみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。